ジムニー 車下取り|いくらなんでも安すぎでしょうと思い

今回売ったクルマなのですが少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。

ところが、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で売却することにしました。家の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万円となり引き取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売却することになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

この状態で持っていくと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

ジムニー 車下取り|いづれにせよ思い出が蘇る気分です

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で買い取って貰えました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。ただそれは特に外国においての話でした。

今日本の車は海外では人気が高いです。日本人が使用していたからもあり、ものを大切にする習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもと思うと夢が膨らみます。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこを走り、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよくなっているんだなと思いました。

素敵な日本で、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.