差額ベッド代 厚生労働省|ノートパソコンを持ち出して

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。でも素人には乗っている車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

差額ベッド代 厚生労働省|

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.