差額分 英語|比較することにしました

これまで使っていた自動車を手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて台数をへらしてコストダウンを図るのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

差額分 英語|3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと

お気に入りの車種の新モデルと同時に、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になっていました。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、車買い取り業者に売却しました。クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。8社で査定を受けたのですが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。一番高値の専門業者に依頼する事も考えたのですが、このサイトには3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく決定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来ていただきました。

査定から売却手続きまでは1時間位らしいので、土日に集中的に査定を受けることにしました。査定見積もりの結果、ネットで表示された査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、一番高い金額を提示してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、5万以上高い業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.