差額加算|誰が買ったのか知りたいと思います

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットを見たところ、そこにある情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。ただそれは特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の中古車は世界一と言い切れます。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと考えるとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人をイメージする楽しさがありますね。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、今後も良質な中古車が必要としている人に渡っていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

差額加算|わずか半年で買い替えを考えました

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そこで質の良い中古車を探していましたが、自宅から少し離れた町の中古車販売店にあったのです。

しかし、乗って楽しかったのは少々、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年で買い替えを考えました。職場の近くの車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万円が相場だそうです。この自動車は半年前に総額70万で買いました。これを計算すると、半年で50万円も資産が減ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売却することになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと後悔しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.