差額精算|車を買い取ってもらうなら

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目標だったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが私のような素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。結果は71万円と言われました。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

差額精算|ただそれは特に海外においてという話でした

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で買ってもらえました。相場よりもかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べてみたところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車種が高く売却できるとあったのです。ただそれは特に海外においてという話でした。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。今回売却したクルマも国産車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても活かされるのなら嬉しいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を思い浮かべるのも好きです。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよくなっているんだなと思いました。

日本では、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.