差額補充法とは|これでは納得できないので

今回売却した自動車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで売却することにしました。近くにある車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても20万が上限とのことです。この自動車は半年前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万円で買い取っていただきました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売却することになっていた可能性もあっただけに助かります。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのあたりも忘れないようにします。

差額補充法とは|売れた金額は大きかったので

仕事先が決まったお祝いとして、親がクルマを買ってくれました。仕事に行くようになってからは、その車に乗って毎日通勤していたのです。ところが本社へ転勤する事が決まり、クルマの処置をどうするかで考えていました。

地方であれば車は、必須アイテムです。しかし公共交通機関の整備されている都市であれば、車は持っていなくてもさして生活には支障とはなりません。車を所有すると駐車料金や維持管理代もバカにならず、費用的な負担が大きくなりそうなのでこの際に売却して貰う事にしたのです。自宅近くにあった、中古車販売の店舗があったのでそこを訪ねて、査定をお願いしました。予想していたよりも安い金額を聞かされ、ガッカリしてしまったので返答を留保し一旦帰宅した上で、他の車買い取り業者がないか調べました。するとネットで査定サイトがあるようなので、早速査定してもらう事にしました。車種や年式走行距離などマスに入れていくと、複数の査定業者とともに査定額を出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、手間や時間を大幅に節約出来るのも魅力的です。そうして出た結果、一番高値をつけてくれた買い取り専門店があったので、そこへ売却する事にしました。

複数業者の査定を受けたので売れた金額は大きかったので、ネットを活用してホント良かったです。交渉の結果、相場よりも高い値段で買い取って頂きました。自動車を売る場合があれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをオススメしますよ。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.