差額関税制度|乗っている車の相場がまったく判らないので

今まで使わせてもらった車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入しましたので、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私には乗っている車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。最初に来た買い取り会社は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

差額関税制度|複数の業者に査定してもらう理由は

新型の登場とともに、旧型の愛車を売却しようと考えていました。載っていた車はディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万円以上も安い額になっています。今まで買い取り業者とかはやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差におどろきました。それにより下取りは止めることにして、自動車買い取り店に売ることにしたのです。

クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定額にものすごい差がありました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトには3社程度は出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていたのです。

複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、確定の査定額が判るからだと思います。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり決定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

査定から売却手続きまでは1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。査定の結果、概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、76万円の業者が存在することを知らせると、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.