差額 室料|コストダウンを図るのが

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに所有台数を抑えてコストダウンを図るのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には今の車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

差額 室料|ここで思い切って

就職も決まったので、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。大学を卒業した後は、この車を使って通勤しておりました。ところが転勤することになったのですが、車をもっていくかどうかで悩んでいました。

地方であればクルマは、必要なものであります。ですが交通もが優れている都心部においては、車は持っていなくてもさして日常の生活には支障とはなりません。さらに駐車場代や維持管理まで考えると、費用的な負担が大きくなりそうなのでここで思い切って売ってしまうことにしたのです。

職場近くにある、中古車販売のお店があったのでそちらに車を持って行って、査定をお願いしました。結果驚くほど安い金額を聞かされ、凹んでしまったのでそこでは保留にしておき、他の車買い取り業者がないか調べてみることにしました。

するとネットで査定サイトがあるようなので、早速査定してもらう事にしました。車種や走行距離等をマスに入れていくと、厳選された複数の買い取り業者が概算査定額を教えてくれます。一括査定出来るので、時間や手間を大幅に節約出来るのも魅力的です。調べた結果、最高額をつけてくれた業者さんがいたので、そこへ売却する事にしました。最初の査定よりも得た金額は大幅に差があったので、査定比較サイトを活用してホント良かったです。交渉もできたので、期待以上の高値で売れることができました。車を買い替えるなどあれば、査定サイトを使うことをお奨めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.