差額 英語|始めに来た業者は

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが素人には今の車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較することにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じで撤退されてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

差額 英語|クルマ買い取り業者の一部と

今使っている車を乗換することになりました。私は車を買い替える時はディーラーさんで下取りをしてもらうしかないと思っていましたが、世の中にはその他の方法もあるのだという事をこのとき知りました。それが車買い取りでした。

初めてのことですから、取り掛かりが大変でした。ネットで検索しながら、やっていきました。まずは人気のありそうな一括査定のサイトを調べてからだと知ったので、査定サイトを調べ、そこから査定の申し込みをしました。その概算査定結果を見て、どこの業者に出張を依頼するかを家族で相談したのも覚えています。

これまで親父が自動車を買い替えているのは見てきたので、大体どれくらいの金額で売却していたのかは判っていたと思います。私がこれまで乗っていたクルマの年式やクルマの状態などから、実はそれほど高く買い取ってもらえる訳がないと思っていたんですが、予測は外されました。思っていた以上の査定額となっていたからです。

試しに下取りに出したらどれくらいの価格になるか、ディーラーに聞いてみました。その結果は、クルマ買い取り業者の一部と大体同じ位でした。ただそれ以上の金額でも買ってくれる業者もいましたので、私は迷わず買い取り業者にお願いしました。

初めての体験でしたが、順番に一つずつ作業を進めて行った所、申し込みも簡単に進められました。高く買い取ってもらう事ができたため、次に乗る車を買い替える時の費用にも充てられたので私としてはやってよかったと思っています。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.