差額 補助事業|その後ですが乗って楽しかったのは少々

売却した車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車はとても無理でした。そこで良さげな中古を探していたところ、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

その後ですが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で手放すことになりました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

この自動車は半年前に70万円で購入しました。単純計算では、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万以上安く売却するはめになっていたかもと思えば助かりました。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もし本気で売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

差額 補助事業|新型モデルの登場と同時に

新型モデルの登場と同時に、今のクルマを売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、クルマの買い取り店と比べると15万くらい安くなりそうでした。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを利用して見たところ、その価格差に驚いたものです。そんなわけで下取りは止めることにして、車買い取り業者に売却しました。

クルマ買い取りのサイトで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで金額にバラつきがあったのです。最初は76万の業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、査定士さんが目視することで、実際に買い取ってもらえる額が判ります。ネット上では概算は判りますが、参考にはなりますが詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、お出でいただいたのです。査定から売却手続きまでは1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高金額を出してきました。ネットでは70万を切った価格でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.