最低賃金 差額 請求|こちらの希望は80万円ということを伝えましたが

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。新車で購入し、車検を1回と1年だから、だいたい4年ということです。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。でも素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

最低賃金 差額 請求|上位2社とは差があったので

今までしたことはありませんでしたが車買い取りサイトを利用して、複数の業者で比較検討してみました。いつもは馴染みの業者にお願いしているので、高値で買ってくれているものだと信じていました。

実際のところは査定を複数もらって理解できましたが、いつもお願いしているところは高くはありませんでした。そこよりも高い値段で買い取るようなところはないと話していたので意外でした。これまでは相場で売れたら正解と思っていましたが、もっと高く売れることがわかったのです。

先日売却した車は52万円が相場のようでしたが、一括査定をやってみたところ一番高額な査定額はなんと70万円を出してくれそうです。相場で売れたら満足でしょうと思っていましたが、相場ってことは安くはないというだけです。

一括査定をして最高額は70万円であり、2位の業者は68万までとのことでした。次の3位は57万円と、上位2社とは差があったので、第一位と二位の業者に無料の出張査定を依頼しました。一番の業者にそのまま売らなかったのは、複数の業者に競わせないとなめられてしまうかもと思ったからです。一括査定サイトでも、複数業者に出張を依頼して比べると差がわかると書いてありました。

実際に来てもらってからの金額は、70万と出していた買い取り業者は62万程度の査定額になりました。傷や凹みがあるらしいのですが、8万円も違うのかとビックリしました。しかし最初に68万と言っていた業者は、そのままの金額でいいと言ってくれたのです。当初は保険のつもりだった業者が最高額になりましたので、その業者に売却したのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/19 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.