査定する 英語|それからしばらくして

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。ただ素人の私には乗っている車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、いくつか入力してからネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

査定する 英語|手放す寂しさもあるのですが

珍しい車を買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取って貰えました。相場よりも高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。但しその理由は特に外国においての話でした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、買いと売りがバランスよくなっているんだなと思いました。平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.