査定システム|私は半年前にその車を

今回売ったクルマなのですが昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していましたが、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。その後ですが、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で手放したくなりました。まずは近隣の車買い取り業者に査定を依頼したところ、よく頑張っても20万とのことです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。単純計算では、半年で50万円も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売却することになった可能性があったのですからまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような考えではなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もしも売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

査定システム|ただそれは海外に向けての話のようでした

珍しい車を買い取りに出したら、想像以上の価格で売ることができました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気車種が高値で売却できるとあったのです。ただそれは海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。車を売るときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、考えるとワクワクします。どこにあるのかわかりませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよく取れているんだなと思いました。

日本では、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.