査定図|勘違いしていました

先日私は初めてネットの一括査定サイトを利用して、10社で査定比較をしてみました。毎回いつもの業者にお願いしているので、それなりの値段でやってくれていると勘違いしていました。

実際のところは複数の見積もりを取って判りましたが、いつもの買い取り業者はそれほど高くなかったようなんです。そこよりも高い値段で買ってくれるところはないと話されていたのですが。相場より高値で売れれば大成功だと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。今回売却した愛車の相場は52万円だったのですが、比較査定をして一番高い提示額は70万円と出せるとなりました。相場で売れれば満足できると怒っていたけど、考えてみれば相場というのは可もなく不可もなくということです。

複数の査定をして一番は70万の業者で、2位の買い取り業者は68万という額でした。次の3位は57万円と、かなりの差となりましたので、上位2つの業者に出張見積もりを頼みました。簡単査定で1番の業者にそのまま売却しなかった理由は、出張でも比較しないと安いか高いのかがわからないと思ったからです。一括見積りサイトにも、最低でも2社以上で比較するのがコツと書いてありました。実際に来てもらってからの金額は、当初70万円を出してくれた業者が62万と言ってきたのです。凹みが目立つとの理由でしたが、8万も差があるのですね。でも68万と提示していたところは、そのままの額でOKと言ってきました。概算見積もりは2番だったけど最高額になりましたので、その業者に売却したのです。

査定図|思わぬ価格で買い取って貰えました

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取って貰えました。相場よりも高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、ある情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。そのサイト以外では、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く売却できるとあったのです。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。今回売った車も日本のメーカーですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを失う悲しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。もしも可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときにはクルマを買いたいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんでしょうね。この日本において、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.