査定基準|査定に必要な時間は

新型モデルの登場と同時に、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万円も安い金額になるところでした。

今までは下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用して見たところ、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りは止めることにして、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。

実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額がバラバラでした。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。

3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判ります。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。そのため出張依頼を3社にして、来てもらったのです。

査定に必要な時間は1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定をお願いしました。目視での査定の結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を提示してくれました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、76万円の業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

査定基準|もっと高く買ってくれるところがないかを

仕事先が決まったお祝いとして、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。大学を出て勤めるようになってからは、このクルマに乗って通勤していました。この度転勤が決まり、車をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

都市部以外であれば車は、必要なものであります。しかし公共交通機関の整備されている都市部においては、車が仮になくってもさして生活に影響や支障といったことは無いでしょう。車を持てば駐車場代や維持管理まで考えると、金銭的な負担が大きくなりそうなのでこの際に売却することに決めました。

職場近くにある、大手買い取り業者さんのお店があったのでそこに車で伺って、査定をお願いしました。結果驚くほど安い値段が示され、気持ちが落胆してしまいまい返答を留保し一旦帰宅した上で、もっと高く買ってくれるところがないかを調べてみることにしました。

するとネットで査定できるようなので、早速査定してもらう事にしました。車種や走行距離等を入力し検索すると、厳選された複数の買い取り業者が概算査定額を教えてくれます。一括査定出来るので、時間を大幅に節約出来るのも魅力的です。そうして出た結果、最高額をつけてくれた買い取り業者があり、そこへ売却する事にしました。

実際に査定してもらった金額とは大きな差がありましたので、ネットの査定サイトを利用して本当に助けられました。交渉もできたので、思っていた以上の高額で売れることができました。車を売却する際はぜひ、比較サイトを活用してみる事をオススメしますよ。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/07 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.