査定士協会|相場がまったく判らないので

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが私にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

査定士協会|売却を決めている方の多くが

長い期間乗ってきましたクルマを、車検のまえに思い切って売ることになりました。なんとなくですが、新しいクルマに乗りたいそんな思いが沸きあがってきたからです。

これまでとは違い、最近は低燃費の車が多いので燃料代の節約にもなります。手放す車は高く買い取ってほしい、そういった思いが艶かったので、高額査定が評判の専門店を探してみました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、売却を決めている方の多くが、そこで参考になった査定額で満足されていることが判りました。

いままでは、クルマの買い取り専門店1社に出向き、査定をお願いするという形が普通でした。しかしそれでは、伝えられた査定価格が相場と比べてどうなのか、素人である私達には判断が出来ません。比較サイトを活用した場合、登録されている業者の中でも一番高い金額を提示してくれた業者さんに買い取りの依頼ができるといったメリットがあるのです。

そこで私も、車種やボディカラーなど入力して査定をしてもらうよう依頼したところ、愕然とするような査定額になっていたので、ビックリしてしまいました。気が変わらないうちに連絡を入れ粘り強く交渉したところ、クイック査定で表示された金額とほとんど同じで買い取って貰えたのです。一括査定サイトを活用しなければ、そう考えてしまうと背筋がスッとするような感覚です。

こういった感じで、思ってもみなかったような高値で売れたので大大大満足です。いきなりネットで売却というのは、決心がつかないという方もいると思いますから、まずは車買い取り相場を見てみるところからやってみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.