査定士|もしもホントに売るつもりならば

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年で手放すことになりました。職場の近くの車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。単純計算では、半年50万程度も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で手放すことになっていた可能性もあっただけに助かります。この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次回があれば、そのあたりも忘れないようにします。

査定士|

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.