査定書|いくらなんでも安すぎでしょうと思い

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。職場の近くの車買い取りショップに査定を依頼したところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り業者に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取っていただきました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売却することになった可能性があったのですから助かったともいえます。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。その為、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もし本気で売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと後悔しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

査定書|大切に乗ってきた車でしたが

私の住んでいるところはかなりの山奥で、車買い取りだけを行っている業者はありません。買い取りできるのでは、ディーラーか中古車販売しているところです。

約5年ほど乗ったクルマを売却した時、どこでも同じだろうと地元で見積もり査定をしてもらいました。しかし、大切に乗ってきた車でしたが約30万という査定額に愕然としました。

そこで、ネットで見た中古車の査定サイトで査定してもらったところ、思わぬ高値で売却することができました。一括査定で出張査定してもらうことになったのが、どこもテレビCMなどでお見かけする自動車買い取り店でした。空き時間もそれほどないので、午前と午後に分けて見積もりしてもらいました。

後半に来たスタッフの方が丁寧な応対ができる方で、この車種でこのボディカラーを探している人が多くいるそうで何とか売って欲しいと言ってくれたのです。買い取り価格も40万円と10万の差もあって、その業者に売却することに即決しました。その業者さんは買って帰る気があったのか、大きな輸送用の車でやってきていたのでその場で手続きをして持っていきました。

手間がかかると勝手に思っていましたが、地元の業者にしてもらった時より断然楽でした。それに、めんどくさいと思う手続きもほとんどやってくれるし、比較して10万アップになったし、ネットの査定依頼をやってみてホント良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.