査定番頭|とても悲しい気分になり

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万円でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

査定番頭|ですが交通もが優れている

仕事先が決まったお祝いとして、両親に自動車をいただきました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、この車を使って通勤しておりました。この度転勤が決まり、車をどうするかで困っていました。

田舎であれば自動車は、持っていないと必ず困ります。ですが交通もが優れている都心部においては、車は持っていなくてもさして日常の生活には支障が出るとは思えません。車を所有すると駐車料金や管理費まで考えると、費用的な負担が大きくなりそうなので今回をキッカケとして売却することに決めました。家の近くにある、有名な買い取り専門店のチェーン店があったのでそこを訪れ、そのまま査定してもらったのです。予想していたよりも安い金額を聞かされ、ショックのあまりその場では申し込まずに、その他で高く買ってくれないか調べてみることにしました。

すると比較サイトがある事を知り、すぐに査定をお願いしたのです。年式や走行距離事故歴などを入力し検索すると、厳選された複数の買い取り業者が概算査定額を教えてくれます。1回の入力で複数の登録が一括でできるので、時間を掛けずにできるのは魅力です。そして調べてみた結果、希望以上の高値だった業者さんがいたので、そこへ売ることにしました。

複数業者の査定を受けたので得た金額は大きかったので、ネットの一括査定サイトを使ってホント良かったです。交渉の結果、予想以上の高値で買ってもらうことができました。自動車を売る場合があれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをオススメしたいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.