査定 税額|比較することにしました

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマがやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて台数をへらして経費を抑えておこうというのが目標だったので、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。自動車の査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが私のような素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので帰ってから返事をするとのことです。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

査定 税額|急いでいたこともあり地元で

私が住むエリアは結構ないなかで、車を買い取るだけを行っている業者はありません。引き取ってくれるのは、自動車ディーラーか中古車を販売しているお店です。

数年のった車を売却した時ですが、急いでいたこともあり地元で査定見積もりしてもらいました。その結果、可愛がって乗ってきた愛車が30万円ほどの査定金額に悲しくなりました。

そんなわけで、ネットで見つけた査定サイトで見積もりを出してもらったところ、予想以上の金額で売却することができました。複数業者の一括査定で査定を出張でしてもらうことになったのが、どちらもインターネットやテレビCMなどでお見かけする中古車買い取りの業者さんでした。仕事もあり休めないので、午前と午後に分けて査定見積もりしてもらうことにしました。

午後に来られた業者の方は活気のある方で、この車種でこのボディカラーを欲しい人がいるので査定額も勉強しますとアピールしてくれました。買い取り価格も40万円と10万上げてくれたので、その業者さんに引き取ってもらおうと決めたのです。その方はとても段取りが良く、大きな輸送用の車で来ていたようでそのまま持っていかれました。

遠くから来てもらうまでもないと考えていましたが、地元で手続きするよりも明らかに楽でした。なんといっても、面倒な手続きなどは準備が出来ているのですぐ終わりますし、その上売却価格も10万円アップし、ネットで査定を依頼してとってもお得だったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.