査定 英語|そう思うだけで背筋がスッとするような感覚です

長年連れ添ってきた車を、車検のまえに手放すことになりました。飽きてきたわけではありませんが、別の車を運転してみたいといった思いが湧いてきたからです。今までに比べて、最近は車の燃費も良くなっていてガソリン代も食いません。できるだけ車を高く売りたい、心の中でそう考えていたものですから、高額査定が評判の専門店を探してみました。すると比較サイトを使った後で、クルマを売却している方の多くが、売却した額に満足されているようなんです。

これまでならば、買い取り業者に伺って、査定を受けるケースというのが当たり前でした。しかしそれでは、算出された査定金額というものが世間相場と比較してどうなのか、素人には判断しようがありません。でも一括の査定サイトを使ったら、厳選された買い取り業者の中でも高めの金額を提示してくれたショップに車買い取りを依頼出来るというメリットがあります。

それで私もやってみようと、車種やボディカラーなど入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、驚くような査定額がつけられたので、びっくりぽんです。すぐ連絡したら出張してくれたので粘り強く交渉したところ、ネット査定額とまず変わらない値段で売ることができました。一括査定サイトを活用しなければ、そう思うだけで背筋がスッとするような感覚です。

私の場合、想像できなかった高値で売却できたので嬉しかったです。いきなり車の売却というと、抵抗感がある方もいると思いますから、まずは気軽に相場を見てみるところからやってみてはいかがでしょうか。

査定 英語|来てもらって査定してもらいました

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。たまに使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。自動車買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。でも素人には今の車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみようと思いました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.