業績評価 査定|長い年月使用した車を

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらして経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、車検を1回と1年だから、だいたい4年ということです。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

業績評価 査定|助かりましたそのまま持って行ってもらう

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していたところ、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く手放すことになっていたかもしれないのですから助かりました。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような考えではなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.