比較する 英語|持ってきたパソコンで

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目標だったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ですが私のような素人には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していって通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

比較する 英語|クルマ買い取り業者の一部と

今使っている車を買い替えようと思いました。自動車の買い替えをする場合はディーラーでの下取りをやってもらえばよいと思っていますが、実際にはそれ以外の方法もあるようだと教えてもらいました。それが買い取り専門業者でした。

初めてのことですから、どうしたらよいのかわかりません。インターネットで一つ一つ調べながら、手続きを進めていきました。まずは評判の良さそうな一括査定のサイトを表示させてからと判ったので、このサイトを調べて、そこから査定の申し込みをしました。そして次に結果を見て、どこの業者に出張を依頼するかを選んだのです。

これまで親父がクルマを乗り換えている様子は見てきたので、どれくらいの査定額で下取りされるのかは知っていたのです。私の乗っていたクルマの年式やクルマの状況などから、実はそれほど高く見積もりしてくれるワケないと思っていたんですが、実際は違っていました。想像以上の査定額となっていたからです。

これが下取りとしたらどれくらいの金額になるか、ディーラーに聞いてみました。その結果なのですが、クルマ買い取り業者の一部と同程度でした。しかし多くはそれ以上の金額で買い取ってくれる業者があったので、私はその買い取り専門業者に引き取ってもらうようにお願いしました。

初めての経験でしたが、順に入力していくだけで、申し込み手続きも済ませられました。思ったよりも高く売ることが出来たお陰で、次に乗る車を買い替える時の出費も抑えることができたので私としても満足できました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.