比較ビズ|もの悲しい気分にもなり

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて台数をへらしてコストを減らそうというのが目的でしたから、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、平均的な走行距離です。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料はもちろん無料です。どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが私のような素人には乗っている車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比較してみることにしました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信しています。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

比較ビズ|高くも安くもない額ということです

先日私は初めてクルマの買い取り査定サイトを使って、10社と比較検討してみました。いつもは馴染みの業者に依頼しているので、高額で買い取りしてくれるものだと決め付けていました。

しかし今回査定を複数もらって理解できましたが、いつもお願いしているところは相場以下だったのです。これよりも高く買ってくれるところはないと話していたので意外でした。これまでは相場で売れたら正解と思っていましたが、もっと高い値段で売れることを知ってしまいました。今回売ることになった車なのですが相場は52万でしたが、一括査定をやってみたところその中で一番の高値が70万円を提示してくれたのです。相場以上なら満足だと思っていましたが、よくよく考えれば相場とは高くも安くもない額ということです。

比較査定をして最高額となった業者は70万で、2位の業者は68万円でした。3位は57万程度で、差があったので、2つの買い取り業者に無料の出張査定をお願いしました。最高額の業者にそのまま売却しなかった理由は、出張でも比較しないと安くされそうだと思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、最低でも2社とは比較するべきだと書かれていました。

実際に来てもらってからの金額は、約70万相当としていた業者が62万円と言われました。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万円も違うのかとビックリしました。そして68万円を提示してくれた業者は、そのままの提示額で良いと言ってくれたのです。結局当初は第二位だった業者が一番高値となったので、その業者に引き取ってもらいました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.