比較優位|田舎であれば自動車は

就職も無事決まったので、両親に車を買ってもらいました。大学を卒業してからは、この自動車に乗って通勤していました。この度転勤が決まり、車をどうするかで迷っていました。

田舎であれば自動車は、必須アイテムです。でも電車などが網羅されている都心部においては、クルマを持っていなくてもさして日常の生活には支障とはなりません。さらに駐車場代や維持管理費用もあるので、費用的な負担が大きくなるのでこの際に売ってしまうことにしたのです。

そこで自宅周辺の、大手買い取り業者さんのチェーン店があったのでそこを訪ねて、査定してもらいました。結果は予想をはるかに下回る金額がつけられ、ガッカリしてしまったので返答もできずに帰宅したあと、他の車買い取り業者がないか調べることにしました。

するとネットで査定サイトがあるようなので、すぐに査定をお願いしたのです。車種や年式走行距離など入力してボタンを押すと、複数の買い取り専門店が査定額を出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、手間を節約できるから楽ちんです。そうして出た結果、希望以上の高値だった買い取り専門店があったので、そちらに売却することにしました。

最初の査定よりも頂戴した金額は大幅な開きがあったので、ネットを活用して本当に助けられました。交渉したので、思っても見なかった高値で買ってもらうことができました。車を売却する際はぜひ、ネットの無料一括査定サイトを利用することをオススメしたいと思います。

比較優位|こういった現実を知った以上下取りは

新型の登場とともに、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になりそうでした。

それまで下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に引き取ってもらうことにしました。

クルマの一括査定サイトなどで比べてみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。一番高値の専門業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトでは複数の業者に出張査定を受けたほうが良いですよと書かれていました。

3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、実際に買い取ってもらえる額が判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、目安的なものであり確定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

売却手続きまで含めて1時間くらいと言われていたので、土日など休みの日に査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、概算査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の見積もりを提示してくれたのです。ネットでは68万円という価格でしたが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.