比較教育学会|スタッフさんが車の状況を確認してから

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売却することになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ査定をしてもらいました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、走行距離としては、平均的な走行距離です。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが私には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのようにハッキリと伝えたら上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

比較教育学会|無料の一括査定サイトを

これまで使用していた車を買い替える事になりました。私はいつも買い替えの時は下取りをしてもらうものだと思っていますが、実際にはそれ以外の方法もあることを聞きました。それが一括査定でした。

ただ初めての事だったので、何がどうなのかわかりませんでした。インターネットで一つ一つ調べながら、進めていきました。まずはよく見る無料の一括査定サイトを調べる方が良いと言う事を知ったので、それを調べ、査定申し込みをしました。その結果を見て、どこの業者に買い取ってもらうかを決めました。今までにも兄弟が自動車を買い替えているのは見ていたので、大体どれくらいの金額で下取りされるのかは判っていたと思います。私が愛用していた車のメンテやボディの状況を考えても、希望額ほど高く見積もりしてくれるワケないと思っていたんですが、実際には違いました。思っていた以上の高額査定となりました。

もしも下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーでも聞いてみました。その下取り額は、車買い取り専門店2社と変わらない額でした。しかし多くはそれ以上の金額で買ってくれるという業者があったので、その業者に引き取ってもらうようにお願いしました。

初めてだったけど、ネットで調べながらやれば、申し込み手続きも行う事が出来ました。高額で買い取ってもらうことが出来たお陰で、次の自動車を買い変える時の費用にも充てられたので私としてはやってよかったと思っています。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.