比較 レビュー|消化してしまったことになります

売却した車は少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していましたが、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、半年少々で買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私はこの車を半年前に70万出して買いました。単純計算では、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取っていただきました。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却することになったかもと思うとまだ助かったと言えます。このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、はじめからそう言っておけば良かったと少し後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも注意したいと思います。

比較 レビュー|これからも上質な車が

珍車を買い取り業者に出したところ、思わぬ価格で買ってもらえました。思った以上でかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットでチェックしたところ、ある情報では予想に反して、珍車は高額になりやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車種が高く買い取ってもらえるそうです。それは海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人特有の、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、もしかして海外で活躍するのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよく取れているんだなと思いました。

日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.