比較 名詞|乗り慣れすぎたというのもあって

乗り続けてきたマイカーを、車検が来る前に手放すことになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、別の車を運転してみたいというような感覚がしてきたからです。以前に比べ、最近の流行は低燃費車ですから燃料代の節約にもなります。出来れば高値で買い取って欲しい、そう思っていたので、高く買ってくれそうな業者を調べていました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、クルマを売却している方の多くが、売却した額に満足されていることが判りました。今までは、車買い取り業者一社に絞り、買い取り査定をしてもらうというのが一般的でした。しかしそうしてしまうと、伝えられた査定価格が相場と比べてどうなのか、私達には判断が付きませんでした。でも一括の査定サイトを使ったら、厳選された業者のなかから高めの金額を提示してくれたショップにクルマの売却をお願いできるという良さがあるのです。それを知った私は、車種やグレードなど必要事項を入力して一括査定をお願いしたところ、驚くような高い金額の査定となっていたので、ただただビックリです。直ぐに連絡を入れ話を伺ってみたところ、ネット査定額とほとんど同じで買い取ってもらえました。一括査定サイトを活用しなければ、そう考えるだけで背筋がスッとするような感覚です。

このように、想像できなかった高値で売れたので大大大満足です。売却となると、拒否反応を示す方もおられるでしょうから、愛車の相場を調べてみるような気持ちでやってみると良いでしょう。

比較 名詞|査定の結果としては

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放したくなりました。家の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万とのことです。私はこの車を半年前に70万円で購入しました。これを計算すると、約50万円を半年で資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことができたのです。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助かりました。この状態で持っていくつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていませんでした。その為、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。本当に売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.