比較 意味|69万円が上限と言われました

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。寂しい気持ちになり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入し、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいと思うと思います。ただ素人の私には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。最初に来た買い取り会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していって送信していました。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。それからしばらくして最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、OKを出しました。

比較 意味|そのクルマを手放す悲しさもありますが

珍車を買い取り業者に出したところ、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く売却できるとあったのです。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、ものを大切にする習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。

今回売った車も国産車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもと思うと夢が膨らみます。それが国内であっても使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、そのクルマを手放す悲しさもありますが、どんな査定がされるのかやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。叶うならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこを走り、どんな場所で毎日いるのかなど、売った後も考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.