比較 2017|乗りたいと思ってましたが

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツカーに乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。

ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で売却することにしました。家の近くの車買い取りショップに持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても20万とのことです。

私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。計算したくもありませんが、半年50万程度も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売却するはめになったかもと思うと助かりました。

そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

比較 2017|車を持てば駐車場代や

就職も無事決まったので、両親に自動車をいただきました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、この自動車に乗って毎日の通勤に使用していました。その後本社へ転勤となったので、車をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

都市部以外であれば車は、必須項目で欠かすことができません。ですが交通網が整備されている都会においては、車が仮になくってもさして日常の生活には支障といったことは無いでしょう。車を持てば駐車場代や維持管理代もバカにならず、金銭的な負担が大きくなりそうなので今回をキッカケとして売ってしまうことにしたのです。

職場近くにある、中古車販売のお店があったのでそこを訪ねて、査定をお願いしました。結果驚くほど安い金額を聞かされ、気持ちが落胆してしまいまい返答もできずに帰宅したあと、他に買い取り専門店がないかを調べました。

ネットを見ると一括査定ができるようで、早速見積もりを取ることにしました。年式や走行距離事故歴などを入力してボタンを押すと、複数の業者が表示され査定見積もりを出してくれます。一括で複数の業者に依頼できるので、手間や時間を大きく省けるので便利です。早速調べてみたところ、一番の高値を提示してくれた買い取り店があったので、そちらに売却することにしました。

ネットで査定してもらって頂いた金額とは大幅に差があったので、ネットを活用して本当に助けられました。交渉の結果、思っても見なかった高値で買ってもらうことができました。車を売却する際はぜひ、比較サイトを活用してみる事をお勧めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/11 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.