比較 vps|タブレット端末で

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、今回は買い替えせずに台数をへらして経費節減をするというのが目的でしたから、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが素人には今の車の買い取り相場というのが分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、ソフトに入力していって送信していました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

比較 vps|そんなわけでネットを使った無料査定サイトで

私の住んでいるところはかなりの田舎で、中古車の買い取り専門でしている業者さんはいません。引き取ってくれるのは、クルマのディーラーか中古車屋さんです。約5年ほど乗ったクルマを手放すときは、急いでいたこともあり地元で査定してもらいました。その結果、大事に乗ってきた車なのに30万円ほどの査定金額にガッカリしました。

そんなわけで、ネットを使った無料査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、予想以上の金額で売ることができました。ネットの一括査定の依頼で来てもらうことになった2社は、どこもテレビなどで有名な買い取り専門業者です。所用があったため、午前中に1社午後に1社と時間差で実車査定をしてもらったのです。

午後からの業者さんは元気のある方で、今このカラーの車を探している人が多くいるそうで査定額も勉強しますと聞かされました。気になる査定額は40万円と10万上げてくれたので、その方に売却しようと即決しました。その方は出来る方みたいで、輸送できる車で来られていたようでそのまま引き取っていかれました。

手間がかかると勝手に考えていましたが、地元で手続きするよりも断然楽でした。メリットとしては、手続きなどはほとんどやってくれるし、比較して10万アップになったし、ネットの査定依頼をやってみて本当に良かったと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.