消費税 差額 納税|手放すことになる日は必ず来ます

今まで使わせてもらった車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ですが私のような素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定価格は71万でした。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

消費税 差額 納税|

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.