車下取り査定|

車下取り査定|データ通信されていました

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料は無料です。誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、色々と入力しデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.