車下取り シミュレーション|送信していました

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目標だったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していって送信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

車下取り シミュレーション|車をどう扱ったらよいかを

就職も決まったので、両親に車を買ってもらいました。大学を卒業してからは、この自動車に乗って通勤していました。先日本社への転勤が決まり、車をどう扱ったらよいかを頭を悩ませてしまいました。

地方であれば車は、持っていないと必ず困ります。しかし公共交通機関の整備されている都市であれば、車が無くてもさして生活には支障が出る要素はありません。おまけに駐車場代や維持管理費用もあるので、金銭的な負担が大きくなるのでこれをきっかけに売却を検討することにしました。

そこで自宅周辺の、大手の車買い取りショップの店舗があったと思いだしたのでそこを訪れ、そのまま査定してもらったのです。結果驚くほど安い査定額がつけられ、思わず落胆してしまったのでそこでは売らずに、その他で高く買ってくれないか探そうと思ったのです。

ネットを見ると一括査定ができるようで、見積もりを取って貰う事にしました。車種年式グレードなどを入力し検索すると、複数の買い取り専門店が査定見積もりを出してくれます。一括で複数の業者に依頼できるので、時間や手間を掛けずにできるのは魅力です。調べた結果、一番高値をつけてくれた買い取り専門店があったので、そこへ売ることにしました。

最初の査定よりももらった金額とは大きな開きもありましたので、ネットの一括査定サイトを使って良かったです。交渉したので、相場よりも高い値段で買ってもらえました。クルマを売ることがあれば、査定サイトを使うことをお勧めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/05 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.