車下取り 可能性|査定料は無料です

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、多いわけでもありません。自動車の査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社に売りたいですよね。ですが私には自分の乗っていた自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車下取り 可能性|クルマを手離すときには

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買い取ってくれました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。ネットでチェックしたところ、そのページの情報では予想に反して、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。ただそれは特に海外においてという話でした。日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。今回売却したクルマも国産車ですが、想像すると海外で使われるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを手放すときの寂しさがありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときにはクルマを売りたいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。

この日本において、今後も良質な中古車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.