車下取り 残債|車査定買者とくらべてみても

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になっていました。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、車買い取り業者に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで比べてみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は最高額の業者さんに売却しようかと思ったのですが、このサイトには3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていたのです。

3社での見積もりが必要な理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定の時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定見積もりの結果、サイトで見た査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高の査定額を提示してきました。ネットでは70万を超えない査定額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

車下取り 残債|平和な日本ではこれからも上質な車が

珍しい車を買い取りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、ある情報では予想に反して、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも関係あるのではないでしょうか。私が思うに、日本の車は世界一と言い切れます。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。もしも可能なら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいと思っている人がいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.