車下取り 理由|本社と交渉するので

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいと思うと思います。でも素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していって送信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

車下取り 理由|ドキドキした感じになりました

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気車種が高値で売れるとあったのです。但しその理由は海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、もしかして外国に持って行くのかもと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。もしも可能なら誰が使っているのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、何れにせよ思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときにはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

日本では、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.