車売るならティーアップ|これまでに比べて

長く乗ってきた車を、車検が来る前に思い切って売却する事にしました。飽きてきたわけではありませんが、別のクルマで走ってみたいという思いが強くなってきたからです。

これまでに比べて、最近の流行は低燃費車ですからガソリン代も節約できてOKです。できるだけ車を高く売りたい、心でそう考えていたものですから、評判の良い買い取り専門業者を探していました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、実際に車を買い取って貰った方の殆どが、手放した金額に満足されているようなんです。

いままでは、近くの買い取り業者に、査定をお願いするという感じでした。でもそうなると、提示された査定額が適切なのか、私達には判断が付きませんでした。比較サイトを活用した場合、その中の業者で一番高い金額を提示してくれた業者さんに買い取りの依頼ができるといった良さがあるのです。

早速私も、車種や年式や色などを入力して一括査定をお願いしたところ、思わず目が飛び出してしまうような高い金額の査定となっていたので、ビックリするしかありません。すぐ連絡したら出張してくれたので尋ねてみたところ、簡単見積もりで出た金額と殆ど変わらない金額で買い取ってもらえることになりました。一括査定サイトを使っていなければ、そう考えるだけで恐ろしくなりました。

私の場合ですが、想像できなかった高値で買い取りしてもらえたので満足です。いきなり売却というのも、決心がつかないという方も多いと思いますので、まずは車買い取り相場を調べるところから始めてみるといいかなと思います。

車売るならティーアップ|ところが楽しく乗れたのも少しだけで

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していましたが、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、半年少々で手放すことになりました。まずは近隣の車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売ってしまうことになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。その為、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと反省しています。次に利用する時は、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.