車売るなら何月|私は半年前にその車を

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していましたが、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、とうとう半年で売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。単純計算では、半年で50万円も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、6万円低い額で売ることになっていたかもと思えば助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もしも買い取りをしてもらうつもりなら、ハナから言っておくべきだと後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

車売るなら何月|そこの情報では想像できなかったですが

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買い取って貰えました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。ネットで調べたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気車種が高値で売れやすいとありました。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産の車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと考えるとワクワクした気持ちになりました。それが国内であっても活かされるのなら嬉しいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。

日本では、これからも質の良いクルマたちが欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.