車売るのに必要な書類|こちらの買い取り希望額は80万でしたから

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。新車で購入しましたので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。車の買い取り見積もりは2業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからタブレット端末で、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定価格は71万でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だとバンザイされてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

車売るのに必要な書類|選ぶことになりました

それまで乗っていた車を乗換することになりました。私はいつも買い替えの時はディーラーでの下取りをしてもらうものだと思っていますが、実際にはそれ以外の方法もあるらしいと気が付きました。それが無料の査定比較サイトでした。初めてやることですから、どうしたらよいのかわかりません。ネットで検索しながら、手続きを進めていきました。まずは人気のありそうな無料の一括査定サイトを調べてからだと知ったので、そこを見つけて、そこから査定の申し込みをしました。その結果から、どの業者に来てもらうかを選ぶことになりました。

今までにも兄弟が車を買い替えている様子は見てきたので、相場のどれくらいで売っていたのかは知っています。私が愛用していたクルマの年式やクルマの状態を考慮しても、相場よりも高く買ってはもらえないと思っていましたが、現実を知らなさ過ぎました。予想以上の査定金額になったのです。

もしも下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーでも聞いてみました。その結果としては、買い取り業者の下の方と同程度でした。でもそれ以上の査定金額で買い取ってくれそうな業者もありましたので、その業者に引き取ってもらうようにお願いしました。初めての経験でしたが、ネットで調べながらやれば、私でも簡単に手続きなどをやることができました。比較したので高く買ってもらう事ができたため、次の車に買い替えるときの費用にも充てられたので私としても満足できました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.