車売るトラ子|話していたので意外でした

先日初めてネットの一括査定サイトを利用して、10社と比較検討してみました。これまでは馴染みの買い取り業者にお願いしているので、高値で買ってくれているものだと信じていました。

実際のところは数社と査定してわかったのですが、いつもの買い取り業者は相場以下だったのです。うちより高額で買い取ってくれる店はないと話していたので意外でした。相場以上であれば問題ないと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回売却した車は52万円が相場のようでしたが、一括査定をやってみたところ一番高額な査定額はなんと70万円を出してくれそうです。ソコソコの値段であれば満足でしょうと思っていましたが、相場ってことは可もなく不可もなくということです。比較査定をして最高は70万で、2番の業者は68万という額でした。3番目は57万と、かなりの差となりましたので、第一位と二位の業者に出張査定見積もりを依頼することにしたのです。一番の業者にそのまま売却しなかった理由は、出張でも比較しないと安く買いたたかれるかもと思ったからです。ネットの情報でも、複数業者に出張を依頼して比べると差がわかると書いてありました。

出張査定の時には、70万だと思っていたけれど62万円まで値を下げてきたのです。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万の差は驚きです。ですが68万の業者は、68万のままと優しく言ってくれたのです。結局当初は第二位だった業者が最高金額となったので、その業者に売却することになったのです。

車売るトラ子|よく見かける車や

珍しい車を買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。相場よりもかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく海外向けとのことでした。

日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、物を大事に扱うといったことも関係あるのではないでしょうか。私は日本人ですが、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないなと妄想すると楽しさが膨らみます。海外でなくても良いので使って貰っても嬉しいです。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかや新たなオーナーを妄想する楽しさもあります。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.