車売る時|もらうことができました

今回売ったクルマなのですが昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。しかし、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、半年少々で手放したくなりました。家の近くの車買い取りショップに査定を依頼したところ、せいぜい20万円にしかならないというのです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、約50万円を半年で資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万円の差がありました。それでも44万減った事実に変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売ってしまうことになっていた可能性もあっただけに助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。ですので、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

車売る時|珍しい車を買い取りに出したら

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く買い取るとありました。しかしある情報では予測通り、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。

国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。

今回売却したクルマも日本製の車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.