車売る 査定率|比べると差がわかると書いてありました

今までしたことはありませんでしたがネットの一括査定サイトを利用して、複数の業者で比較検討してみました。いつもは馴染みの業者に売っているので、高めに買ってくれていると信じていました。実際のところは査定を複数もらって理解できましたが、いつもの業者はそれほど高くなかったようなんです。うちよりも高く買い取ってくれる店はないと聞いていたので意外なものでした。今までは相場で売却できれば合格と考えていたのですが、それほどでもない事実はショックでした。

今回売った車は52万円が相場のようでしたが、複数の業者で査定をしたところ一番高額な業者は70万円を出せるとなりました。ソコソコの値段であれば満足でしょうと思っていましたが、考えてみれば相場というのは高くなくて平均ということです。複数の査定をして最高の業者は70万で、2番の業者は68万がいっぱいのようです。次の3位は57万円と、差が開いていたので、第一位と二位の業者に無料の出張査定をお願いしました。最高額の業者にそのまま頼まなかったのは、複数社で比較しないと安く買いたたかれるかもと思ったからです。車買い取りサイトを読んだときも、複数の業者を呼んで比べると差がわかると書いてありました。

実際に来てもらってからの金額は、70万だと思っていたけれど62万と言ってきたのです。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万円も違うのかとビックリしました。しかし最初に68万と言っていた業者は、そのままの提示額で良いと言ってくれたのです。概算では2位だった業者が最高額を出してくれて、その業者に引き取ってもらいました。

車売る 査定率|需要と供給がバランスよく

珍しいクルマを買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気車種などが高額で売れやすいとありました。但しその理由は海外向けとのことでした。

日本のクルマは海外では人気が高いです。日本人特有の、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても利用されるのであればうれしいですね。車を売るときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。車を渡す時には中古車を購入したいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.