車売却に必要な書類|でも条件も書いてあって

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。ネットを見たところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外で喜ばれます。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と言い切れます。

買い取ってもらった自動車も日本のメーカーですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないと考えると夢が膨らみます。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべるのも好きです。可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

車売却に必要な書類|中古車販売のお店にありました

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

その後ですが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで売ってしまうことになりました。職場の近くのクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に査定してもらいました。その結果、26万となりましたので買い取っていただきました。2社の比較ですが6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売却することになったかもと思うと助かります。そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そのため、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もしもホントに売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.