車売却手続き|依頼しないことが決定し

新型の発売に合わせて、旧型になるマイカーを売却しようと考えていました。当初は購入したディーラーに下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万くらい安くなりそうでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用していませんでしたが、初めて査定比較サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることになりました。

実際車買い取りサイトなどで確認してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。6つの業者で査定してもらいましたが、31万円から76万円まで色々な評価があることがわかりました。一番高値の専門業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。3社に見積もりを出す理由は、査定士さんが目視することで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、参考にはなりますが確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。

査定に必要な時間は1時間もあればとのことでしたから、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定してもらった結果、ネット査定額2位の買い取り業者が1位の業者を追い抜き、最高額の見積もりを提示してきました。ネットでは70万を超えない査定額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

車売却手続き|比較した査定をすることで

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で手放したくなりました。近くにある車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、多めに見積もっても20万円にしかならないというのです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も減らしてしまったということになります。これはさすがに安いのではないかと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万円の差になったみたいです。

しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売却するはめになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く感じではありませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.