車売却 ディーラー|珍車を買い取り業者に出したところ

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で売ることができました。思った以上で高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページの情報では予想に反して、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も関係していると思います。私の考えも、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高く売れないかや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。叶うなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、何れにせよ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

この日本において、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しかった出来事です。

車売却 ディーラー|ですが私のような素人には

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。ですが私のような素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力し送信していました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そこで決めました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/08/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.