車売却 仕訳|どの業者に来てもらうかを

それまで乗っていた車を乗換することになりました。私は車を買い替える時はクルマのディーラーに下取りをしてもらうものだと思い込んでいたのですが、世の中にはその他の方法もあるようだと気が付きました。それが無料の査定比較サイトでした。

ただ初めての事だったので、どうすれば良いかが分かりません。ネットを使って調べながら、進めていきました。まずは口コミの良さそうな無料の一括査定サイトを調べる方が良いと言う事を知ったので、このサイトを調べて、そこで見積もり依頼をしました。そして次に結果を見て、どの業者に来てもらうかを決めました。

これまで何度か親が自動車を買い替えているのは見ていましたので、どれくらいの交渉の後で下取りされていたかは知っていたのです。私が使っていた車の年式・走行距離・ボディの状況や状態から、相場よりも高く買い取りすることもないとイメージしていましたが、実際には違いました。思っているよりも遥かに見積もり額を提示されました。そこで試しに下取りだったらどれくらいの値段が出されるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その査定額は、車買い取り業者の2社と大体同じ位でした。しかし多くはそれ以上の金額で買い取ってくれる業者があったので、その買い取り専門店に引き取ってもらうようにお願いしました。

初めての体験でしたが、ネットで調べながらやれば、手続きなどは簡単に済ませられました。比較したので高く買ってもらう事ができたため、次の車に買い替えるときの出費も減ったので私としては大成功でした。

車売却 仕訳|複数業者の査定では

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車はとても無理でした。そのため良質の中古車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。ですが、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年で買い替えを考えました。職場の近くの中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで手放すことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。その為、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売却するつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと少し後悔しています。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.