車売却 保険料|もらうことができたのです

今回売却した自動車は少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探していたところ、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

ですが、喜んで乗っていたのですが、立て続けにトラブルが発生し、とうとう半年で売却することにしました。家の近くの車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。これを計算すると、約50万円を半年で減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

それでも44万円減ったことには違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売却することになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

この状態で持っていくつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。その為、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売却したいのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

車売却 保険料|珍しいクルマを売りに出したら

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他の情報では、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人特有の、物を大事に扱うといったこともその理由のようです。私が思うに、日本の車は世界一と言い切れます。今回売った車も日本のメーカーですが、もしかすると海外で使って貰えるのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、高く売れないかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。素敵な日本で、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.