車売却 名義変更|この状態で持っていく

今回売却した自動車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売却することにしました。職場の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助かりました。この状態で持っていくと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く感じではありませんでした。その為、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

車売却 名義変更|都市部以外であれば車は

就職が決まったお祝いとして、両親に自動車をいただきました。大学を卒業した後は、このクルマに乗って通勤していました。その後本社へ転勤となったので、車をどうするかで困っていました。

都市部以外であれば車は、持っていないと必ず困ります。一転交通網の発達している都心部においては、自動車がなくてもさして日常には支障が出る要素はありません。それ以上に駐車場のことや管理費まで考えると、生活費への負担が大きくなりそうなのでこれをきっかけに売ってしまうことにしたのです。

自宅近くにあった、中古車販売のショップがあったのでそこに持ち込んで、査定をお願いしました。想像していなかった評価で価格が提示され、凹んでしまったのでそこでは売らずに、他に買い取り専門店がないかを調べてみることにしました。

すると比較サイトがある事を知り、早速見積もりを取ることにしました。年式や走行距離事故歴などをマスに入れていくと、厳選された複数の買い取り業者が査定見積もりを出してくれます。一括査定出来るので、時間や手間を大きく節約できるので便利です。調べた結果、想像以上の高額査定だった業者さんがいたので、そちらに引き取ってもらう事にしました。

複数業者に出張査定をしてもらって頂いた金額とは大きかったので、ネットの査定サイトを利用してとても助かりました。交渉の甲斐もあって、相場よりも高い値段で引き取ってもらえました。クルマを売ることがあれば、無料の査定サイトを活用することをオススメしますよ。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.