車売却 委任状|それでも44万円目減りしたことには

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思ってましたが、新車では高くて手が出ません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで買い替えを考えました。家の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、よくて20万が上限とのことです。私はこの車を半年前に70万円で購入しました。これを計算すると、半年で50万円も財産が目減りしたことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた人気の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。それでも44万円目減りしたことには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売却することになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような感じではありませんでした。そのため、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

車売却 委任状|金額だったのですが

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型の愛車を引き取ってもらおうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車買い取り業者と比較しても15万程度も離れた額になっていたのです。

今までは下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。8社で査定を受けたのですが、30万から76万まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも3社とは出張査定を受けたほうが良いですよと書いてありました。3社での見積もりが必要な理由は、実際に目視による査定を受けることで、査定額がハッキリとわかるからだそうです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考値でしかなく詳細は実車しだいです。そこで3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定してもらうことになりました。出張してもらっての査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を出してくれました。ネットでは70万を切った金額だったのですが、それよりも高い査定の業者があったことを伝えてみると、78万円まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車の査定を比べて売却...得した差額は All rights reserved.